美味しいのは何処でも同じ・倉持 亜美菜(20)

雑誌で制服に魅了されて アルバイトは、ハンバーガーショップでしたいと決めていました。雑誌で『可愛い制服に求人殺到!!』などの 見出しが気になったから、と言う簡単な気持ちでした。でも、それだけではありません。もう1つは、私 … 続きを読む

趣味の世界を仕事にした、プロブロガーという職業に就いた男

元々とある介護と医療の企業で庶務業務全般にあたっていた男、山田拓郎(26)は自分の職業に少し疑問を持ちつつ仕事をしていたらしい。 「元々あまり取り立てて取り柄のある方ではないのですが、それでも日々の業務は人事、総務、経理 … 続きを読む

プロブロガーとして働くということ

山田拓郎(26)は現在プロブロガーとして働いている。彼の前職は前回書いたとおりだが、彼の今の仕事はいわゆるノマドワーカーというものである。彼の仕事の内容を聞いてみたい。 「仕事はブログを書くだけ、と言ってしまうと簡単すぎ … 続きを読む

コンビニ店長から一転、携帯電話ショップに勤めた男

今日も携帯電話ショップの店先に立ち、最新端末の宣伝を声高らかに喧伝している永島英二(29)は元々コンビニ店長をしていた。彼はもともとコンビニの店員から店長まで登りつめ、23歳から勤め始めて今では店長をしている。店長をして … 続きを読む

コンビニ店員から携帯電話ショップに転職した男の仕事内容

永島英二(29)の今の仕事は携帯電話ショップでの宣伝、接客、契約など、店の業務全般である。彼の仕事は9時に店につき、ミーティングを経て全員で挨拶や接客のセリフの唱和など。そして10時の開店を待つ。 「もともとコンビニも接 … 続きを読む

失職後、あるレストランの給仕の仕事に就いた男

宮田雄一(26)は元々ある商社で働いていた。彼の仕事内容は一般的な庶務業務で、支店の電話代の管理や業務で使う物品の発注など、そういった仕事を主にしていた。しかしある時彼に病魔が襲う。 「いつもの通り仕事をしていると急にろ … 続きを読む

生まれ持った個性を活かす。宮坂氏の仕事とは

宮坂栄一(37)は生まれつき耳に障がいを持っている。ある音域の音が聞こえず、人とのコミュニケーションに少し難があるという。 「もちろん全く耳が聴こえないわけではないですし、こうしてお話もできているわけですから困るシチュエ … 続きを読む

人を引き付ける文章を作るためには

関西某所の広告店で働いている弁阪 公平(24)は日夜文章作成を行っている。そんな彼に仕事として書く文章はどのようなイメージで書いているのかを聞いてみたい。 「基本的に常にネタ切れ状態で作っています。ネタを仕込んだら、次の … 続きを読む

自宅警備員から一転、働くことが好きになった男

関西某所の広告店で働いている弁阪 公平(24)は日々ある目標を持ってチームとして働いている。彼の仕事は主に文章作成や文章校正などである。彼はこの広告店の求人の話がある前はただの自宅警備員をしていた。朝6時半に寝て、夜6時 … 続きを読む

握手会場 運営スタッフ 戸ケ崎正吉さんが伝えたいこと

では、これを見ているプロを目指す転職者の方へひとこと頂けますか? そうですねぇ・・・この仕事は一見「地味」と言われる仕事です。野球で言ったらホームランを打つような選手ではありません。毎日毎日バットを磨く仕事と思って頂いて … 続きを読む