プロブロガーとして働くということ

山田拓郎(26)は現在プロブロガーとして働いている。彼の前職は前回書いたとおりだが、彼の今の仕事はいわゆるノマドワーカーというものである。彼の仕事の内容を聞いてみたい。

「仕事はブログを書くだけ、と言ってしまうと簡単すぎますが、実際はそれほど楽でもいいものでもありません。収入源は広告収入ですから、かなり広告単価が低い広告を表示されるなりクリックされるなりしないと収入になりません。収入が安定していない上に、ブログの内容を充実させるには足を使って様々なネタを仕込むことが重要になります。行動費と収入がまったく見合ってない時もありますし、結構楽ではないですね」

彼はそう語るものの、顔は笑っている。自分のしたい仕事ができているという充実感からだろうか。

「もちろん仕事も自称ですし、収入とて安定しているわけではないですから、それだけ苦労はあります。しかし嫌いなことをしているわけでもありませんし、自分らしい生活をしつつ収入につながっているのは大きいですね」

「でも注意してくれる人や、上司がいないということもありますし、孤独を感じるときもあります。だからそういったことを踏まえたうえでこの仕事を選びました。今では色々な勉強会にも参加して、そういったネットワークを作ることにも務めることができるようになっていますので、充実はしています」

自分の環境は自分で作るということに関しては、もっとも力を発揮することができる職業なのかもしれない。