接客スタッフのやりがいとは?

この接客スタッフについて「松田清吾」が思うこと

っま、お店っていうのは、お客様あってのものだと皆さんは理解していると思います。お店の外観や内観を問わず雰囲気でお店を決める時があると思います。1度だけではなく何度も訪問していただく為に絶対的に必要で重要なのは「接客スタッフ」なのです。接客スタッフの態度次第でお店の良し悪しが決まります。店の云々は接客スタッフの教育次第で変わると松田は思っています。

 

一方「高橋直登」はこう考える。

私は、一糸乱れぬ行動や言動には少し寒気がします。まるで外国の軍隊を彷彿させるような感じはマイナスだと思っています。1人1人がお客様の為を思って行動することに温かみがあると思っています。最低限の教育はした方がいいかも知れませんが、スタッフ全員が全くい同じ行動をするのであればそれは意味がないと思っています。個性があるべきだと思っています。

 

この仕事を続けていて「松田清吾」はどのようなことを学んでいるのか

私は、接客スタッフをして7年が経ちます。その中で様々なことを学びました。多くのお客様を見てお客様から教わることが多くありました。性別、年齢、などは本当に全く問題なく関係もないのだと改めてお客様に教えて頂いております。今は、接客スタッフとしてではなく、キッチンスタッフとして今まで教わってきたことを新人スタッフに毎日教えています。