「新田聖斗」が極めた配達員とは

「新田聖斗」がこの配達員を極めたと思った理由

毎日毎日配送している道なので近道を覚えています。その近道を覚えるまでは30分の時間が必要だった道も今では20分位で配送できるようになりました。車での配送なので今はナビゲーションを使えば楽かも知れませんが、ナビゲーションに頼ってばかりでは駄目なのです。体の間隔でおぼえなければいけない部分があることを忘れてはいけません。業務中に、ナビゲーションが故障した時に私はそれを痛感しました。今ではナビゲーションが無くてもどこでも配送できます。

 

極めるまで毎日行ってきたこと

道を覚える為に休みの日でも自分の車で配達する道を何回も何回も運転しました。事故で道が通れなかった時は、別の道を行くことも想定して走りました。これは、運転の技術も上がるし本当に良かったです。

 

これ職業病だなと思うこと

運転の練習をしていたということもあると思うのですが、配送先と同じ会社を見つけると挨拶は必ずしてしまいますし只のドライバーなのにアクセルを踏む速度などをやたらと気にしたりするようになりました。車に関する事をへんに気遣うようになったのは、会社の車で配送を毎日しているからだと思います。

 

この仕事で自分が得た事

会社で、ドライバーとして配送の仕事をするようになって車の事を大事に扱うようになりました。歩行者にも今まで以上に気を自然と使えるようになりました。ドライバーをするようになって、以前より人に気を使えるようになりました。