ラーメン職人のやりがいとは?

このラーメン職人について「羅亜伴太」が思うこと

ラーメン職人はラーメン屋の調理スタッフのさらに上の存在です。ラーメンを作り、ラーメンに生き、ラーメンそのものが人生というラーメン職人は日本中探しても数名しかいないでしょうね。そのうちの一人、ラーメン界の漆黒の魔術師こと、私「羅亜伴太」の1杯1万円のラーメンは是非食べてほしいですね。汁も麺も具も全てが黒くて真っ黒なラーメンを提供しています。予約はいつも一杯で、麺の素材にフカヒレを使ったラーメンが大人気です。一日50食限定で、とても絶品なので予約は数か月先までいっぱいですね。

 

この仕事を続けていて「羅亜伴太」はどのようなことを学んでいるのか

まさにラーメンの事を学び続けている、と言いたいですが、残念ながらラーメンの事だけを考えていられる訳ではありません。ラーメンに関わる様々な事や店内の内装や照明の事、経営の事やマネジメントの事など様々な事を考えなくてはいけません。

 

「羅亜伴太」の紹介

日本のラーメン界の将来をしょって立つラーメン界の重鎮の一人。ラーメンについては知らないことはない、ラーメン以外の事も何でも知っている、そんな不思議なキャッチコピーを掲げてラーメン界を闊歩する最強のラーメン職人です。熱いガッツが特徴で、写真にはいつも背景に火を合成しています。口癖は「シャアッ!」です。