物産展では地元パワーが大事・山村 優加

担当地域によって様々
百貨店などで物産展をよくしていますが、そこで働くには、特別な知識が必要な分けではないのである。
今回のように長野物産展と地域が限定しているのであれば、その土地に関する事をお客様に伝えるだけで
購買意欲より、その土地に直接行って食べたいと言われる方もいらっしゃいます。
コレはある種の地域活性化に繋がっている。と言えるのではないかと考える。お客様に、珍しさを感じでもらい、試食してもらう、そして気に入ってもらえば買って頂くこれだけです。と、教えてくれたのは、山村優加さん(26)
父親の転職に伴い転勤も何度かあったので引越しを何度も経験したことで、その土地、土地の事を知って
もらいたくて、それを活かせると仕事がしたいと考えていた時に、この求人を見つけたと話してくれた。

買ってくれる人は多種多様!
物産展会場では、物見に来るお客様が大半なのである。ですがその中で、やはり思い出のある話をするのが
今までで一番効果が高い。例えではあるが、引っ越した経験があるなどの事を思い出す事や、友人に聞いた
ことなどを自身の中で、自分の話のように変換してお伝えする事ができれば、買ってくれる人は増える一方で あろう。