綺麗になられたお客様が好きです。・藤江 美沙

新しいスタート
私は、高校の頃から美容室で働きたいと考えていました。専門学校を卒業後にある店の求人を紹介して
もらったのですが、堪え性がないのは分かっていたのですが、1年も経たずに辞めました。今では少し
後悔しています。ですが、2週間前に働きたいと想う店に出会い履歴書を持って面接に向かいました。
経験者なのですが、1年未満であった為に口頭で転職を希望したいのだと意思を話しました。とても
気さくなオーナーで、直ぐに了解してくれました。
基本的に美容室に大きな違いはないのですが、その店のルールを教えてもらい従順に作業をこなして
行きました。教えてくれる人が本当に素敵な人で、この人の為に頑張りたいと必死で作業をしました。

教えてもらったことを忠実にする事
取りあえずは経験者なので、初めての人よりは覚えていくスピードが早かったです。やはり基本は教えて
もらったことを、「自分流にするのではなくて、しっかりと体に覚えさせる事でした。」基本が出来てくれば
次の段階を教えてくれる先輩がいてどんどん成長出来ている自分に気づき嬉しくなりました。大事なのは
やはり基本だと染み染みと思いました。学校で習った通りお客様の立場になって考えて、ブラッシング
カット、シャンプー、整える為のカット等、全てのことをお客様中心に考えてそれを笑顔で実行して行く事
コレが全て終われば、お客様から笑顔で「キレイにしてくれてありがとうね」のお言葉が頂けるのである。